一覧|Front|検索|物語
アルモニカ - armonica

アルモニカ(armonica)とは、多数のガラスの輪を横に並べて回転させ、水に濡らした指で触って演奏する擦楽器?体鳴楽器)である。グラスハープからヒントを得て、1761年にベンジャミン・フランクリン(アメリカ独立宣言の起草者のひとりで雷の実験でも有名)が発明したものである。

グラスハーモニカとも言うが、このことばはグラスハープの別名としても使われるので注意が必要である。単に「ハーモニカ」と呼ばれたこともあるが、これは小学生が習うハーモニカ(1820年頃に発明されたので、アルモニカより新しい)と紛らわしいので、こちらはガラス製であることを強調して glass harmonicaと呼ばれていた。