一覧|Front|検索|物語
カストラート - castorato

カストラート(castorato)とは、変声期前に去勢(睾丸除去)することで声変わりが来ないようにし「ボーイソプラノ」の声域を保っている歌手。

17-18世紀のヨーロッパで流行した。ハイドン?なども聖歌隊に居て歌が上手かったのでカストラートにならないかと勧誘されたものの、父親が飛んできて連れて帰ったので、去勢されることを免れた。

現代ではボーイソプラノを保つために去勢することは事実上禁止されているが、最近女性ホルモンが入手しやすくなっていることもあり、性転換志向の人が、11-12歳頃から女性ホルモンを飲み始め、結果的にボーイソプラノを保つことができているケースも発生しているものと思われる。

なお、最近女声を出すことのできるMTFの人が増えているが、多くは変声期後にカウンターテナーと同様の発声法で獲得したもので、変声期自体を止めた人はごく少数であると考えられる。

カウンターテナー, 両声類