一覧|Front|検索|物語
管楽器 - wind instrument

管楽器(かんがっき, wind instrument)とは、管などの中に空気を出し入れして人の息(または機械で送り込んだ空気)で振るわせ、その吹き方によって音が変わる楽器のことである。ただ便宜上、管楽器と同じ奏法をする楽器(ウィンドシンセサイザなど)も管楽器に含める。「吹奏楽器」とも言う。

なお、人によっては管の中の空気が送り込まれ(または吸い込まれ)振動するなら管楽器だと言う人もあり、その分類ではオルガン?アコーディオンも管楽器だと言ってよいことになる。ヴィブラフォン?は管はあるものの空気の出入りは無いので、そういう言い方でも管楽器には含まれない。

管楽器は空気の振動の両端が空いている楽器である開管楽器と片方が閉じている閉管楽器に分類できる。フルートは開管楽器、クラリネットは閉管楽器である。(両方閉じていたら空気を送り込めないから管楽器として成立しない:打楽器?にはなる)

また管楽器は主として木管楽器(笛)と金管楽器(らっぱ)に大別できるが、これらの分類になじまないもの(ハーモニカなど)もある。

木管楽器・金管楽器という呼称は、木管楽器の多くが元は木製で、金管楽器の多くが元は金属製であると考えられたことに由来するが、フルート?サクソフォン?のように、金属でできた木管楽器もあるし、法螺貝?のように非金属で出来た金管楽器もある。またプラスチック製のサクソフォン、竹製のトロンボーン?(金管楽器)などもある。基本的には「笛」に分類されるものが木管楽器であり、「らっぱ」に分類されるものが金管楽器である。

また管自体に穴が空いていて音程を調整するものを木管楽器とする考え方もあるが、実はトランペット系の楽器で穴が空いていて音程を調整するものも、かつて存在した。

現代では、一般にリードの使い方により、木管楽器と金管楽器を分類するのが一般的である。

リップリード?

唇の振動が発信源になっているもの。このタイプの管楽器を基本的には金管楽器に分類する。

シングルリード

マウスピース?に装着した1枚のリードの振動により音が発生するもの。クラリネット?サクソフォン?がこのタイプである。

ダブルリード?

楽器の端につけた2枚のリードの振動により音が発生するもの。オーボエ?ファゴット?篳篥?などがこのタイプである。バグパイプ?も多くはダブルリードである(シングルリードのバグパイプも存在する)

エアリード?

吹き口の所に空気の渦を発生させて管内の空気を振動させるもの。フルート?ピッコロ?リコーダー?ファイフ?龍笛?尺八?オカリナ?パンフルート?などがこのタイプである。

これらの他にフリーリード楽器があり、ハーモニカ笙?などがこれに該当する。フリーリード楽器は唇の震えを使用していないという点では木管楽器に近いが、リードの振動が重要であり、管内の空気の振動はあまり関係無いので、そもそも本当に管楽器なのかというのからして、やや微妙である。

吹奏楽?