一覧|Front|検索|物語
サマー・ロック・フェスティバル -

サマー・ロック・フェスティバルは、三浦半島某市にある植物公園で、毎年8月上旬に開かれる夏フェスのひとつ。

地元の実行委員会の主催だが、毎年半分くらい★★レコード所属のアーティストが出るため、★★レコードもこのフェスの運営に大きく関わっている。

2006年に最初のフェスが開かれた。2009年まではこの公園が持つ広大な野外劇場(キャパ8万人)のみを使い10組のアーティストが出演していたが、5周年となる2010年からは隣接する「歴史の町」にある大小2つのイベント広場(キャパは大5000人・小2000人)も利用して3ステージ、30組の出演となり、更に2011年からは、巡回バスで5分で移動できるところにある高校の校庭と体育館(キャパは各々3000人,1500人)も使って5ステージ50組のイベントとなった(巡回バスはイベント当日は10分まてば来る程度に朝から夕方まで運行)。

2009年にケイは「受験勉強の息抜きに」友人数人と一緒に行った。

2010年は観客として行っていたのにスカイヤーズのボーカルが出番直前に倒れたのの代役を頼まれ、スカイヤーズと一緒に歌った。そしてその夜、スイート・ヴァニラズEliseと遭遇し、その直後のスイート・ヴァニラズのツアーにゲスト・アーティストとして帯同することになった。

2011年にはローズクォーツがBステージに出演予定だったが、Aステージに出演する予定であったクリッパーズが解散してしまったため、Aステージに繰り上げ出演。この時、スイート・ヴァニラズ、スカイヤーズのステージにも、ちょっと出た。

2012年にはBステージ出演予定のmurasakiが高速で事故に巻き込まれ、時間までに到着できない状況の中で、代役でマリと一緒にローズ+リリーとして、歌った。(ローズ+リリーはもともと出演を打診されていたものの、マリが歌わないというのでお断りしていた)また、この勢いでマリはAステージのローズクォーツのステージでも歌った。