一覧|Front|検索|物語
宝珠七星 - Hoju Nanase

宝珠七星(ほうじゅ・ななせ)は、管楽器奏者。スターキッズの共同リーダー。1984年7月7日生(*1)。七夕に生まれたので「七星」と名付けられたらしい。

(*1)当初1980年生設定であったが途中で1984年生に設定変更されている。

曲により、アルトサックス、テナーサックス、ソプラノサックス、ウィンドシンセ(YAMAHA WX5)、フルート、バロックフルート(フラウト・トラヴェルソ)、ピッコロ、クラリネット、リコーダーなどを持つが、特にアルトサックスとフルートが得意である。

他に「趣味の範囲」で、ヴァイオリンを弾く。ヴィオラやチェロも弾けないことはない程度(本人の弁)に弾く。

鮎川ゆまとは大学の管楽器クラスの同級生で、ふたりが同クラスの《イケメン2トップ》だったらしい。

Lucky_Blossomの楽曲作者のひとり『逆鉾』と同一人物との説もあるが、レコード会社は肯定も否定もしていない。もし逆鉾であるとしたら、ゆまとの関係から楽曲を提供したものと思われる。

松原珠妃のバックバンドのサックス奏者を2004.04-2008.03の間務めた。2008年4月に結婚のため引退したのだが、8月に即離婚。子供は作っていない。スタジオミュージシャンなどをしていたが、2008年11月、ローズ+リリーの全国ツアーの管楽器奏者として、珠妃の指名により参加。これがケイ・マリと七星が知り合った最初であった。その後、2010年9月にローズ+リリーの『After_2_years』のレコーディングにも参加。この時一緒に参加した近藤嶺児と親しくなり、恋人関係となる。そしてふたりを中心にスターキッズが結成された。

スターキッズがUTPと契約する以前から、頻繁にUTPに出入りし、ケイマリ花枝?などと親しくしていたし、社内の簡易防音がされた会議室でフルートの練習をしたりしていた。そのため、ケイ・マリと同様、UTPの社員ではないものの、社員に近い存在であった。またケイのマンションにもよく来て、ふたりとおしゃべりをしていた。2013年以降はローズ+リリーのサウンドディレクター的な存在になっていく。ローズ+リリーの音楽の良き理解者である。

2013年12月に近藤と結婚するも「お互いの仕事の都合」で同居はしていない。お互い浮気も自由と申し合わせているらしい。


category:フルート
category:サックス
category:ウィンドシンセ
category:クラリネット
category:ヴァイオリン
category:ミュージシャン