一覧|Front|検索|物語
若山鶴里 - Wakayama Tsurusato

若山鶴里(わかやま・つるさと)は民謡の先生。福岡県福岡市在住。

母であり民謡界の「大先生」と呼ばれていた若山鶴乃の四女(若山五姉妹の4番目)。下の妹・春絵と年が近いため仲がよく、しばしば電話でおしゃべりしている。(ふたりの間は無料通話できるようになっている)

1959年生で出生名は荒川里美。結婚して琴岡里美。子供は女の子2人で、純奈(1987)・明奈(1989)。

「琴岡」という苗字に反して琴(箏)が弾けないので、しばしば「琴は弾けないけど名前は琴岡です」などと自己紹介する。

実際に弾ける楽器としては、三味線の他、鼓(つつみ)、太鼓(たいこ)、など打楽器が得意だが、実は鍵盤楽器もかなり出来て、ヤマハのピアノ講師の資格も持っているし、木琴・鉄琴の類も弾きこなす。

結婚してすぐに夫(佐賀県唐津市生)が学生時代を過ごした博多に移動したため、博多で地元の民謡を数年学んでから民謡教室を開いた。教えてくれた先生の教室と友好関係にあり、毎年夏に合同で「浴衣会」を開いている。


category:若山五姉妹
category:民謡
若山一族
鶴乃世代若山鶴乃(1926)
鶴音世代若山鶴音(1948) 若山鶴風(1951) 若山鶴声(1953) 若山鶴里(1959) 若山鶴絵(1962)
鶴音(乙女)友見(1971) 俊郎(1973) 聖見(1975)
鶴風(風帆)恵麻?(1976) 美耶?(1978) 晃太?(1980)
鶴声(清香)鹿鳴?(1979) 千鳥?(1981) 歌衣?(1985) 薙彦?(1988) 佳楽?(1990)
鶴里(里美)純奈?(1987) 明奈?(1989)
鶴絵(春絵)萌依(1986) 冬子(1991)
曾孫世代
鶴朋(友見)三千花(1995) 小都花(1997) 七美花(1999)
鶴星(聖見)月子?(2003) 星子?(2005)
冬鶴(冬子)紗緒里(2017) 安貴穂(2019) 夏絵(2018) 大輝(2020)
あやめ(2019) かえで(2022) 博史(2024) もも(2026)